トップページ >> アジア福祉助成事業

アジア福祉助成事業

全国社会福祉協議会は福祉の国際協力パートナー養成などを目的に昭和59年(1984年)よりアジア諸国のソーシャル・ワーカーを日本に招聘する事業を実施しています。本会では、日本とアジアの交流と福祉向上を目的にその方々が帰国後研修成果を母国で活かして企画する事業に助成しています。

助成結果報告はこちらからご覧いただけます。

>> バックナンバーはこちら

出身国・地域

韓国、台湾、フィリピン、タイ、マレーシア、スリランカ、インドネシア、バングラデシュ

出身国・地域の図

第1期〜第36期までの研修生、研修修了生の出身国、地域
および人数

  国・地域名 研修修了生数
男性 女性 合計
韓国 9名 25名 34名
台湾 6名 27名 33名
フィリピン 3名 20名 23名
タイ 7名 21名 28名
マレーシア 3名 7名 10名
スリランカ 15名 8名 23名
インドネシア 8名 9名 17名
バングラデシュ 2名 1名 3名
合計 53名 118名 171名